01≪ 2017/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
2017-02-27 (Mon)

日曜日、休みをとっておいたので畑に向かう。

運良く天気も良さそうだ。

が、デジカメの電池切れ!

なので写真無しです。

昨日に続きりんご畑に行った。

まわりの畑ではもうずいぶんと剪定が進んでいる。

だいぶ遅れをとってしまったが仕方あるまい。


とここで施設にいるばあちゃんを連れ出し、

午前中だけの外出で畑に連れてきた。

畑に来たかったんだよね、やっと来れたね。

今日は剪定もそうだが、

伐採する木に今までの感謝を込めてお塩とお酒でお清めしたかった。

ずっと育ててきたばあちゃんにも参加してもらいたかった。

1本1本ゆっくり木をまわり、「今までありがとね」と声をかけていく。

これはもう、なおさんの気休めと自己満足でしかないが、

それでも少しは踏ん切りがついた気がする。


さて短い時間の中で少しでも剪定を教えてもらわねば!

ばあちゃんは、

「おらバカになっちゃったと思ってたけど、まだ剪定できるわな」

と、別人のように目をキラキラさせて喜んでいた。

どの枝を切っていいか全然わからないなおさんに、

「そこじゃねぇ、こっちの枝だ!」

と声を張り上げている。

自分では切れなくても教えてもらうだけで助かる。

「畑に来たかったし、剪定やりてぇな、、、」

と言うが、自分でやることは諦めてね。

でもまだ口を出すことは出来るからね。

そう、まだまだ出来ることはたくさんあるんだよ。


りんごの管理、

実はなおさん、自分でも無理してると思う。

第一時間があるわけ無いし。

仕事と家事(?)とせめて野菜育てることで精一杯なんだ。

でも、りんごを食べたいと言うよりも、

育てる過程をまだばあちゃんから奪いたくなかったのかも知れない。

1本でも残しておけば、

こうして少しでも携わることが出来るかもしれない。

今日のばあちゃんを見ていて、

ふと自分の気持ちを確認したような気がした。


にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

スポンサーサイト
| 果樹・りんご | COM(-) | TB(0) | |