09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-11-02 (Wed)
寒いです!

氷点下も目前に迫ってきているようです。

もちろん毛糸のパンツも腹巻も欠かせません!
       ↑ 
ご心配ありがとう♪ (笑)

でもマジでカイロしてるよ、背中と足に。


さてもう11月!

畑作業も残りわずか、でもやることは山ほど残っている。

そんななか、

柿をもらったわけであります。

CIMG4070.jpg
大きな渋柿、100個ほど。

さぁ、夜なべ仕事の始まりだ。

CIMG4071.jpg
このお宅は、柿を収穫するときに枝を傷めないようにしている。

なので干す小枝が柿に付いていないわけ。

さて困った、、、どうするべ?

考えたあげく、、、そうだ! 洗濯ピンチに干すしかないぞ!

この方法は乾燥に若干問題がある。

間隔が近すぎてカビ発生の心配があると思うが、、

まぁ仕方あるめぇ。。

CIMG4072.jpg
剥いた皮はこれも干しておく。

冬にたくあん漬ける予定だが、

その際一緒に漬け込む予定。

これを入れると甘くて美味しいたくあんができる。(予定)


これを頂いたのは親戚のおじさん、ばあちゃんの弟だ。

病院に行く道の途中にこちらのご自宅がある。

時々その道を通るたび、

「柿がいっぱい!そろそろ色付いてきたなぁ、、」

少し分けてもらおっかな、、、

お得意の欲が出ました!

おまけにおじさんをさらって病院にも行ってしまいました。

自力で会いに行かれないおじさんをばあちゃんに会わせたかった。

おじさんにはロビーで待っててもらい、

なおさんひとりでばあちゃんを迎えに病室まで行く。

「下で人が待ってるからね」

車椅子で連れていくと、、、

「あれまーーー!誰かと思ったら!」

びっくりしたばあちゃん、でも嬉しそー

ロビーのラウンジ?で持参した「甘柿」を食べながらおしゃべりタイム。

この柿もおじさんの庭のものだ。

ばあちゃんの実家でもあるこの庭の柿の木、

最近は特に昔の話ばっかりするようになったばあちゃん、

おじさんと一緒に大昔の子ども時代の話を延々と楽しんでしゃべっていたよ。

見舞いに来てもらったくせに、

姉ぶって「おめさんもよぼよぼしてきたから気をつけろな」

「車の運転なんかしちゃダメだわ」  「うん、、、」

87歳と85歳の姉弟の会話です。

帰り際、姉の車椅子を押して病室まで戻る弟、

その弟が転ばないよう、ゆっくり車椅子のタイヤを進める姉、

年とっても仲良しの姉弟なんだよね。

また都合がついたらご一緒してもらおう。


スポンサーサイト
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

| 果樹・りんご | COM(-) | TB(0) | |