10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-11-10 (Mon)
さて実験です!

CIMG1824.jpg
先日収穫した「大豆」

これを使おうと思ったら、去年の豆がまだ少し残っていた。

捨てちゃうのもなんなので、これ使って無謀にも「豆腐」作ってみるか?

CIMG1939.jpg
まずは大豆300gを水に浸しておく。

CIMG1940.jpg
これを少しづつフープロにかけて細く砕く。

水も入れて攪拌していく。

ここまでは順調!

CIMG1941.jpg
ここに水1リットルくらいと砕いた大豆を入れ、

「深めの鍋」の代わりに深めのフライパンで煮る。

ここから問題山積みだ!

まず、泡が大量発生!まことにやっかいだ!

販売されている豆腐に書かれている「消泡剤」

これを使う意味が初めてわかった!

メレンゲのような泡が消えない!

お玉でこの泡をどんどん捨てることにした。

それともうひとつ。

煮ている間ずっとかき混ぜないと焦げてしまう。

20分くらいずっとこれにかかりっきりになってしまった。

こういうの苦手。。。

CIMG1943.jpg
やっとこ煮えたようなので、

お次はこれを濾す作業。

てぬぐいを縫った袋に注ぎ、最後まで無駄なく絞る。

熱い!

この絞った汁を今度は70~75℃にして「にがり」を加える工程だ。

70℃??不可解過ぎる!

温度計なんか無いので、指入れてアチってなったところでにがり投入。

「にがり」は「本にがり」を使用。

50ccの水に大さじ1くらいを混ぜ、静かに注ぐ。

緊張の瞬間だ!

固まるか不安だったので、内緒で(笑)もう少しにがりを足してしまった。

蓋をして15分くらい待つ。

CIMG1947.jpg
そしてらこれを手ぬぐい袋に注ぎ、汁気を切るためにお皿を重石にする。

CIMG1948.jpg
さぁどうだ?ざる豆腐の完成か?

肝心の味は・・・?

濃い!

だけど・・・・

やはり「にがり」が若干多かったのか、苦味も気になる。

追加しなきゃ良かった(笑

初心者には、どういう状態が固まるベストなのかわからない。

温度も関係してくるようなので難しいもんだ。

ひと皿食べた残りは、ちょうど豚汁作ったのでそこに入れて「けんちん汁」にした。

買ってもたかだか100円の豆腐、

これだけの手間がかかってしまった。

人生初の豆腐作り、

ちょっぴり苦い味がしました。。。。


CIMG1945.jpg
さぁこれは豆腐の副産物!

CIMG1946.jpg
そう、「おから」ですね。

CIMG1950.jpg
先日長女さんが持ってきてくれた「乾燥椎茸」がある。

山のようなこの椎茸をたっぷり入れて、「おから煮」を作りましょう。

CIMG1949.jpg
これだったら要領がわかるので簡単だ!(笑

CIMG1955.jpg
パサパサしたものより、しっとりした「卯の花」が好み。

CIMG1956.jpg
紅心大根の甘酢・卯の花・

赤タマネギドレッシングかけ・ブロッコリー・カブの葉の煮びたし

右隅のは黒ニンニク。つまみにはアーモンドフィッシュ(笑)

鍋の中には「豚バラブロックと大根の煮物」

冷蔵庫には「カブの浅漬け」

どこからどう見ても地味~~~(笑











スポンサーサイト
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

| レシピ | COM(13) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する