05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015-09-07 (Mon)

さぁ、車を走らせますよ!

上高地は単なる寄り道で、本来の目的地はここ!

CIMG3485.jpg
白骨温泉(しらほねおんせんと読みます)

沢渡から20~30分だった?

あっというまに到着しました。

上高地と乗鞍の真ん中に位置する山奥の数軒の宿。

CIMG3476.jpg
空きのあったお宿を予約しちゃったんです。

ロビーでゆっくりこんぶ茶を頂いてのチェックイン、

CIMG3467.jpg
いけない!写ってはいけないものが写りこんでしまいました!

部屋の写真は他に無いので仕方ない、、、

それにしてもあっというまにくつろいでますねぇ、、

なおさんがカメラを用意する間にあんなところまで移動していたんだ、、、

CIMG3475.jpg
部屋からの眺め、

ここは高台にあるのでものすごく眺めがいい、

といっても見えるのは山ばかりですけど、、(笑)

見える屋根は温泉のある場所の棟です。

秘湯ですからね、飲食街や温泉街なんて皆無!

土産屋さんなんかひとつも無い!(笑)

唯一の商店に行ってみたら、

乾物と漬物が売られていた、、

酒やらつまみなどは事前に用意しておくのが必須。

もちろん持参しましたともさ!

CIMG3472.jpg
さぁ、早速お風呂に行きましょう。

このお宿は3階でもエレベータがついていて、

部屋ばかりか廊下、トイレ、窓際、あらゆる場所に野の花が生けてあり、

それにアルプスの山の絵画もあちこちに飾られている。

CIMG3473.jpg
無機質なビルと比較すると本当に居心地がいい。

ほら、ウサギさんまで隠れているよ?

CIMG3469.jpg
さてどんなかな?

ワクワク、、、、

CIMG3490.jpg
うわーーーーー♪

評判通りの青みがかった乳白色です!

浴槽の淵の白いものは、

温泉水の炭酸カルシウムが固まったものらしいです。

CIMG3470.jpg
向きを変えて外の露天側の方角。

決して広いとは言えない浴室ですが

源泉のお湯を触ると熱いですが、ちょうどよく温度も下がり、

いつまでも入浴していられる気持ちよさでした。

CIMG3488.jpg
ガラス窓の向こう側は露天風呂。

ここで疑問に思いませんか?

風呂場の写真をなぜ撮れる?って、、、

それはね、

ほぼ貸切状態だったからですよ!

全20室の小さなお宿。

先客がいても上がっていけばなおさんひとり、

あがったころにまたひとりふたり、、

4人以上とは出会わないほどのんびりできました。

CIMG3486.jpg
さぁ夕飯の乾杯!

特に豪華なプランでは無いのでごくごく普通!(笑)

食事処での夕飯でしたが、

10組くらいのお客さんがいてびっくり!こんなにいるんだ。

後半にもまた数組が食べにきましたから、けっこう宿泊しているんですね。

それにしては風呂場で出会わない、

みんなお風呂に入らないのでしょうか?(笑)

ちなみになおさんは4回入りましたよ!

CIMG3493.jpg
朝食の楽しみは、この「温泉粥」

温泉のお湯で炊いた「お粥」

味の違いは?って聞かれても困るんだけど、

普段お粥は作らないので胃腸に優しい朝食でした。

ここ白骨温泉は、

「3日入れば3年風邪を引かない」と言われている。

さて、2日入っただけだとどうなるのでしょうか?

誰かに聞きたかったけど、聞くのを忘れました。

その答えは自分の体に求めるしかないようです。

夏のあいだに溜まった心身の疲れや澱、

そんなものを洗い流してすっきりできた。

自分の思い付き、ナイス!!(言い訳です、、、)












スポンサーサイト
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

| 温泉 | COM(14) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する